新型シエンタ カスタムしたまま6ヶ月点検にいってきました

2016/10/28

無料の6ヶ月点検にいってきました

新型シエンタ HYBRID G ホワイトパールに乗っています。
うちの新型シエンタは、横浜トヨペットで買いました。3年後のはじめの車検まで、無料で点検をしてくれる メンテナンスパック というのに入れてくれていたので、無料の6ヶ月点検です。オイル交換もしてもらえます。 行かないわけにはいきません(^ ^;)

ひとつ気になるのは・・・自分でいろいろいじっているということ。今までずっとディーラー以外で車検をやってもらっていたので、 ディーラーだといろいろ、あれやっちゃダメ、これやっちゃダメと言われそうな気がしてちょっと心配です。

何か言われそうなカスタムは・・・

心配なDIYでやったカスタムを挙げてみます。

1. クルコン(クルーズコントロール)
新型シエンタにはクルコンの設定がないので、クルコンの取り付けを検討しているときに、 ディーラーの営業さんに聞いてみたことがありました。そのときに、 「うちでは付けられないですけど、オートバックスとかで付けてくれますよー」 と、割とカスタムにうるさくない感じでした。ただ、自分で取り付けているので、素人がやった配線では ダメ! とか言われないかが心配です(^ ^;) できるだけきれいに配線したつもりですが、しょせんは素人なので・・・。


2. クルコンの後付ボタン
こちらは、左のワイパーレバーの先にちょこんとボタンを付けて、そのボタンの配線は、特にどこにも留めずにダッシュボードの中に引き込んでいます。 個人的には、それが一番邪魔じゃないと思ったので。でも、ディーラー的には、そんなところにボタン付けないで!とか、 こんなところに配線出てちゃダメ!とか言われるんじゃないかなと、これまた心配(^ ^;)


3. ヘッドアップディスプレイ(HUD)
ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスに貼る、反射させるシートがNGなのは確実なようです。透過率がどうとか。 でも、車検のときに取ればいいでしょ?それまでほっといて・・・と思ってます。 OBD2に挿しっぱなしは、さすがに許してくれますよね。


4. ナンバー灯(LEDに変更)
室内のLEDはある程度自由なんじゃないかと思いますが、ナンバー灯は、思いっきり保安部品。 ネットで見てみると、ディーラーではNGとか言われていることがよくありますが、昨今、純正でも高級車はLEDだったりするようなので、 よっぽどおかしい照らしかたじゃない限り、大丈夫なんじゃないかと・・・。でも、ネットではNGという記事をすごい見かけるので、やっぱり心配(^ ^;)

そんな心配は無用でした(^ ^;)

そんないっぱいの心配を抱えながら(^ ^;) 内心ドキドキで、涼しい顔をしながらディーラーに6ヶ月点検に行ってきました。
結果は・・・全然問題ナシ(^-^)

ディーラーの営業の人は「いろいろイジってますねー カッコいいですねー」・・・本心かどうかはわかりませんが(^ ^;) クルコンに関しては、何も言われませんでした。ヘッドアップディスプレイのフロントガラスに貼っているのは、 車検のときには剥がす必要があるということでした。それくらい、全然いいです!(^-^)
無料でオイルも交換してもらえて、点検は1時間近くかかりましたが、ディーラー内でこども遊び放題! なかなかいい6ヶ月点検でした!




この記事いいね 98

よろしければ書き込みをどうぞ
  • コメント *


  • 画像もアップできます(ナンバーなどはモザイクかけます)



書き込み ♪─O(≧∇≦)O─♪





ページトップへ戻る


ページトップへ戻る



info@aray.jp