日産 新型リーフ 後ろのディフェーザーをガリっとやってしまいました(~_~;)

2019/09/29(2) 2

目次

自宅の駐車場に入れようとしたら・・・ガリッ?!
ディフェーザーがペコッと凹んでいました

自宅の駐車場に入れようとしたら・・・ガリッ?!

新型日産リーフ G(ze1) 白/青ツートンに乗っています。
わたしは、けっこう慎重に走るタイプ(?)なので、少なくとも5、6年は、クルマをこすってしまったりとかした覚えがありません。


先日、仕事を終えて、普段と同じように家に着いて、普段と同じように、リーフをバックで駐車場に入れようとました。
駐車場の輪止めに、ゆっくりとバックでつけようとしたその時、

ガリッ

と、不穏な音が聞こえました。
はるか遠い昔に、こんな音を聞いたことがある気がする・・・(~_~;)
ガリッという音と一緒に、ほんの少し、クルマの挙動がおかしかったような・・・
こ、これは、もしかすると・・・(−_−;)


実はなんでもなかった!というハッピーエンドを期待しつつ、リーフを降りて、リーフの後ろにまわってみました。
すると、輪止めの後ろに、何やら見慣れない物が置いてあります・・・。

そういえば、今日の昼に、奥さんからメールで、
「駐車場を掃除したよ」
と言っていました。
そういえば、輪止めのあたりに、落ち葉がいっぱい溜まってしまっていたなぁ。
奥さんありがとー!と思っていたのを思い出しました。


そして、目の前にあったもの。
それは、

二段に重ねられた、コンクリートブロック。

奥さんが駐車場を掃除した時に、踏み台として端に置いてあったコンクリートブロック2つを、クルマの輪止めのすぐ後ろに、二つ重ねて置いていたのでした・・・orz


悪気がないのはわかるのですが、こ、これはあたるでしょう・・・(~_~;)


ガリッという音は確かに聞こえたのですが、夜で暗かったので、どのくらいのキズが付いたのかはわかりません。
とりあえず、リーフを前に出して、コンクリートブロックをどけて、翌日に確認してみることにしました。


ディフェーザーがペコッと凹んでいました

翌日、仕事先の駐車場で、恐る恐るリーフの後ろの下を確認してみました。

あれ、キズキズかと思ったけど、あんまりキズは見えません。

日産 新型リーフ 後ろのディフェーザーをガリっとやってしまいました(~_~;)


ディフェーザーの先がちょっとキズ付いただけなのかな?
ただ、向かって一番右に見えるディフェーザーのフィンが、キレイに凹んでいるところがあります。
これは・・・こういうデザイン?(^_^;)

念の為、左右対称になっていると思われる、反対側のディフェーザーのフィンを見てみました。
↓反対側のフィンには、凹みは無いようです。

日産 新型リーフ 後ろのディフェーザーをガリっとやってしまいました(~_~;)

ということは、やっぱり凹んでいたんですね(~_~;)

幸いにも、普通見えるところではなかったので、もちろん、修理はしません( ̄ー ̄)

久しぶりの「ガリッ」に、あまりにもショックだったので、こちらに書かせてもらいました(^_^;)
みなさまも、ガリッには、お気をつけください(^_^)




この記事いいね 2

よろしければ書き込みをどうぞ
  • コメント *


  • 画像もアップできます(ナンバーなどはモザイクかけます)



書き込み ♪─O(≧∇≦)O─♪
2 zonる 2019-10-06 08:01

よしのんさん、はじめまして!

なんと!
リーフのディフェーザーの後ろから向かって右側の凹みは・・・
確かに、もともとあるものなんですね!(・□・;)

どうりで、キレイに凹んでるように見えたわけですね(^_^;)
奥さんに、濡れ衣?を着せてしまってました。
よしのんさん、ありがとうございます!

奥さんにも、ちゃんと
「もともと凹んでるものでした!」
と伝えました(^◇^;)


運転席のサポートハンドルは、絶対必要ですよね(^_^;)
お役に立てて、よかったです!

リーフ、試乗したんですね。
いろいろな意味で、面白いクルマですよねー。
今も、いろいろな発見があって、面白いです。
内装がチープなこと以外は・・・(⌒-⌒; )


1 よしのん 2019-10-04 18:30

初めまして。

二年前からシエンタHV乗っており、こちらをよく拝見させて頂いております。
あの白いアンテナポールとカーボン調なナンバープレートカバー? そして運転席側サポートハンドル取り付けを真似させてもらいましたよ。
特にサポートハンドルの取り付けについては大いに参考となりました。
「あの」貴方の失敗?(失礼致します 笑)を拝見していなければ、私も同じ過ちをしていそうでした。

ところでディフューザーのへこみについてですが、私も気になりwebで写真を探して見たところ、もともと右側だけへこみ状に成型されているみたいですね。(「リーフ ディフューザー」で検索したら二枚ほどそれと判る写真を見付けられました。)
多分、右側にのみ牽引用? の輪っか部品が取り付いていて、それに掛けるフックやロープの動く範囲を制限させない様、ニガシのへこみを付けているのでは無いでしょうか?

もし宜しければ確認してみて下さい。
又、これからもリーフ記事を楽しみにしております。

PS.
つい先日ディーラーで、妻のピノ車検時に新型リーフを三日ほど貸して頂き、遠出ドライブにて全ての機能を満喫しました。
ホント、楽しくて良いクルマですよね。







ページトップへ戻る


ページトップへ戻る



info@aray.jp