ウィンドウロック こどもが窓を開けてしまわないように 1年半後の点検確認

2020/03/17(0) 50

目次

全く劣化していませんでした
念の為、増し締めチェック

全く劣化していませんでした

2018年8月に、こどもが窓を開けてしまわないように、ウィンドウロック(窓ストッパー)を付けました。
それから一年半、窓を開けておきたい季節は、ずっと、このウィンドウロックにお世話になっています。

うちのこどもも5歳になり、勝手に窓の鍵を開けて、窓を開けようとしたりするようになってきているので、以前よりも、このウィンドウロックの重要度は高まってきています。


ずっとそこにあるので、あまり目立つ場所でもないし(レースのカーテンの裏にあったり)、役に立っているけど、存在を忘れてしまう。
そういう状態になっていました。


なかなか、壊れるものでもないとは思いますが、一度気になってしまうと、不安になってきます(^_^;)
なので、1年半、設置後そのままの状態で使われていた、ウィンドウロックをチェックしてみようと思います。
(でも、よく考えてみると、半年前にウィンドウロックの設置位置を移動していました)

まず、見た目には、全く変化ありません。


雨風にさらされる場所でもないので、ゴムの劣化もしにくいですね。
あと、窓のサンの下側なので、直射日光も当たらないし、うちの場合は特に、樹脂製の断熱効果のあるサッシなので、熱による劣化も少なそうです。


思ったよりも、全く劣化を感じません。
644円で買えるもので、これだけしっかりしていると、かなりコスパが高いという感じがします!


念の為、増し締めチェック

取り付けしたときに、けっこうしっかりと固定していたため、手で動かそうとしても、全く動きません。
これなら、特に問題はなさそうですが、一応、増し締めをしてみようと思います。

そのためには・・・
このロックを回すためのツマミが必要です。
無くしてしまっていないか、いつも心配になりますが、今回もちゃんとありました!
高いものではないし、もうひとつ、予備で買って置くのもありなのかもしれません。


↓ちなみに、ツマミの形はこんな感じです。
複雑な形なわけではないので、力を入れられる状態にできれば、大きめのドライバーなどでも、回すことはできそうです。
要は、こどもが回せなければいいわけで、こんな形状で十分ですよね。


あとは、このツマミを差し込んで、グッと回してみます。
回りません。
全く緩んでいる感じもありませんでした。

今どきのアルミサッシ(うちは樹脂製だけど)は、強風でもガタガタ揺れたりすることもないので、ガタガタしないということは、ほとんど緩んだりもしないということですね。


今回の点検では、何も問題ない!
という結果になりました。

そうしているうちに、こどもも大きくなって、こんな、ウィンドウロックが必要なくなるようになるんですかね・・・。
でも、やっぱり親としては、こどもが小学生になっても、中学生になっても、心配だったりする気がします(^_^;)

このウィンドウストッパー、末長く使わせてもらおうと思います。
けっこう丈夫なので、とってもおすすめです!(^-^)



この記事いいね 50

よろしければ書き込みをどうぞ
  • コメント *


  • 画像もアップできます(ナンバーなどはモザイクかけます)



書き込み ♪─O(≧∇≦)O─♪





ページトップへ戻る


ページトップへ戻る



info@aray.jp